背骨・骨盤のゆがみ

背骨・骨盤のゆがみ

背骨には⾃律神経や⾎管・リンパ・運動神経が隣接していて、自然治癒に最も重要な場所です。背骨のズレや歪みが起こることによって、腰痛・肩こり・関節痛以外にも様々な症状を引き起こすことがあります。
当院お勧めの小林式背骨矯正法とは、背骨の歪みを正すことで筋肉・関節にかかる負担を軽減することを目的とした施術法です。
また、西洋医学と東洋医学の良い部分を取り入れ、患者さんの声を聞きながら個々に合った施術を施し早期改善を目指します。
できる限り患者さんの経済的、精神的負担を軽くし、より高度で質の良い施術を提供できるよう日々努力をしております。
さらに、痛みを取り除くだけでなく原因を明確にし、今後の生活習慣、食生活の改善、予防法などの指導も行いながら、患者さんと二人三脚で根本から改善していきます。是非⼀度ご来院ください。

椎間板ヘルニア

「ヘルニア」とは、「飛び出している状態」を指す言葉です。
腰椎にある椎間板が痛んで、本来あるところから飛び出してしまっている状態が椎間板ヘルニアです。
飛び出した先にある神経を圧迫してしまうことで、腰から足にかけて、電気が走ったような痛みやシビレ、筋力低下を引き起こし、足の感覚が鈍くなることがあります。

座骨神経痛について

坐骨神経痛とは、実は病名ではなく、症状の名称のことを指しています。
腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

施術について

ヘルニア近辺の筋肉の硬さを、鍼や超音波等で取り除きます。また、骨盤にゆがみがあれば、礒谷式力学療法を用いて矯正します。
ヘルニアが痛みやシビレの症状として表れている場合、必ず背骨のどこかしらの関節にズレやゆがみ、または捻じれが確認されます。その関節のゆがみなど等を矯正することで、痛みやシビレの根本的な原因となっている、神経根(しんけいこん)への刺激を取り除いていきます。